日記 7弦ギター オオタマル * official website

7 strings guitarist; choro,bossa nova,samba,brazillian style

ホーム > カテゴリー - 日記

『愛と微笑みと花』


ほんとうにひさびさに日記。

*  *  *  *  *  


”私が10数えるあいだ目を閉じてリラックスしてくださ~い”

たまたまパーティで居合わせた白髪白髭の老人と向かい合ってしばらく目をつむる。長髪を束ね、褪せた皮のライダーズに身をつつんだ出で立ちは、まるでネイティヴアメリカンのメディスンマンといったところ。

長年におよぶ無理な楽器練習のためかここ一年ほど痛みで全く挙がらなくなってしまっていた左の肩。目を開けた次の瞬間、ウソのように難なく挙がった。彼が”自然治癒の気”なるものを送ってくれたそうだ。十秒前とは全く異なる世界の拡がりにしばし唖然と。。

白髪の導師いわく、人間ひとりひとりのなかにそれぞれ宇宙が在って、それ自体がとても奇跡的な拡がりなのだと。その宇宙は、すぐに形を変えてしまうものの自ら治癒する力も備えている。このことを寡少評価していると気の流れが停滞し、痛みや病気というサインとなって現れるのだそうだ。ひとりひとりの中に尊い宇宙が在るのですよ、と。

また、こうしたことに深く気付き理解していた先人がイエスや、仏陀や、空海などなのだとも語っていた。

移り変わりやすいこころに安寧をもたらす宗教とて、千年と同じ姿を留めるものはない。世界の大半を占める一神教の人たちが、こころの平安と引き換えに、宗教的な対立という名目で苦悩と格闘している。神話学者J.キャンベルの対談を最近読んで、形としての宗教ではなくひとりひとりの中に拡がる神(宇宙)を自覚し探求することが、現代人にとっていかに必要であるかということが述べられていた。

*  *  *  *  *  


Amor [アモール]、 Sorriso [ソヒーゾ]、 Flor [フロール]

愛と微笑みと花。

しばしばボサノバの歌詞に登場するキーワードだが。いずれも姿を変えてしまいやすい儚く尊い物事の象徴を歌っているように思える。

[amor]は、他の宇宙にたいする思いやりと尊敬。微笑み[sorriso]は、各々の宇宙の中の平安と治癒。[flor]は、砂の数ほどもあるそれらちいさな宇宙をつつみこむ自然環境。といったところだろうか。

Quem chorou, chorou
E tanto que seu pranto já secou
Quem depois voltou
Ao amor, ao sorriso e à flor
Então tudo encontrou
E a própria dor
Revelou o caminho do amor
E a tristeza acabou


ニウトン・メンドンサの『Meditação(瞑想)』では、悲しみを経てふたたび愛と微笑みと花が結ばれたとき、ひとの持つ苦しみの行き場は明らかになり、悲しみは無くなっていたと歌われる。













[ 2015/02/02 14:46 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

『Mesa~メーザ』〜音楽の食卓へようこそ〜 ライヴ

梅雨に入ってしまいました。一日も早い夏の到来が待ち遠しいです。

7月の新ユニット『Mesa~メーザ』のおしらせです。

* * * *

アルゼンチンタンゴ、舞踏、クラッシック、そしてヨーロッパ・インドネシア・韓国などの即興音楽etc..さまざまなフィールドを渡り歩いてきたコントラバス奏者でインプロバイザーの齋藤徹さん。彼と最初にお会いしたのは私にとっての音楽の黎明期かれこれ25、6年もまえのことです。舞台脇で公演などのお手伝いなどさせていただきながら、見る光景。当時はまだあまり日本で聞かれることの少なかった緻密でかつ官能的ビートをもつアストル・ピアソラのタンゴ。韓国の伝統音楽家たちを招いて繰り広げられる即興演奏の数々。そしてそれはわれわれ日本を含むアジア人の心の奥底の琴線を揺さぶっていました。それらのどれもがその後の音楽シーンを先取りする画期的な公演でもありました。そして、博識と経験に裏打ちされた挑戦の数々でもあった事を市井の一豎子に過ぎない若い私にはどの程度理解していたものか。。

年月を経て齋藤徹さんと再会したときに、共通の話題となったのは以外にも私の現フィールドでもあるブラジルの音楽でした。長い旅路のなかで辿り着いたひとつの岸辺が、リズム・舞踊・言葉そして民衆との共存のかたちを未だに留めているそれだったのです。とは言っても、ご周知のとおり広大で多彩な人種を有するこの国の音楽は、とてもひとつのジャンルとして纏めることは不可能なくらい無尽蔵に拡く深く、たとえひとつの音楽のみに身を投じたとしてもおそらく一生かかってしまうくらい魅力的なものもあるほどです。

幾度かコントラバスと、ギターでショーロなどの器楽曲を中心に共演を重ねるうち、私の口から自然に発せられていたのは、うた( canção) でした。やはりこの国の音楽を語るうえで、言葉と歌の存在を除くことは不可能という(極めて当然な?)点に帰結したのでした。

『(泣きつくし涙も枯れたあと) 愛と微笑みと花に再び戻ってきたときには 各々の持つ苦悩とともに道は明らかになり 悲しみは消えていた』 といった内容の有名なボサノヴァがありますが。考えぬいたあと歌うという極めてシンプルで、それでいて深い行為のなかに何かを見つけ皆で共有したい。

徹さんの主催するユニット《うたをさがして》のヴォーカル さとうじゅんこさん、そしてヴァイオリン奏者 喜多直毅さん も力を貸してくださることになりました。

さとうじゅんこさんはご自身のルーツでもある東北地方をはじめとする数々の日本の民謡、インドネシアの音楽そして最近ではイベリア半島やアルゼンチンなどのスペイン語の歌にも才能を発揮されている素晴らしい声量の持ち主。時に神々しささえ感じてしまいます。

喜多直毅さんは、ピアソラ楽団のバイオリニストであるA.スアレスパス氏などに師事したあとアルゼンチンタンゴの道を究め、即興演奏やオリジナル楽曲制作にも意欲的なヴァイオリン奏者。ヴァイオリンの特殊な奏法の開拓など、独自のアートとしての音楽表現を追求して止まない天才肌です!

このポテンシャルの高い二人を迎え、私に浮かんできたユニット名は『Mesa~メーザ』(テーブル)。ブラジルという巨大な鍋のなかで、熟成されてきた芳醇に香る珠玉のうた( canção)の数々。

これらをみなさまと同じテーブルに着き、味わいたく思います。


* * * *

7/13(日)
開場16:30 開演17:00
【Mesa〜メーザ】
〜音楽の食卓へようこそ〜

IMG_0549.jpg

メンバー: オオタマル(7g,vo,) 齋藤徹(cb) さとうじゅんこ(vo)喜多直毅(vl)

※新ユニット 『Mesa〜メーザ』の初ライブ。ブラジル音楽に新たな地平を開拓します。ご期待ください!

会場: 築地 マデイラ →[HP]

チャージ\3,500-(1ドリンクつき)
※店内は禁煙です。

※ご予約は、こちらまでお願いします。
MADEIRA(マデイラ)
〒104-0043 東京都中央区湊3-4-11
TEL: 03-3551-6587 / お電話の受付時間は、平日9:00-17:30
メールお問い合わせ: info@shiozawa.co.jp






[ 2014/06/09 19:52 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

新ユニット、リハを終えて。

『メーザ 〜mesa』と言うユニットを立ち上げ、7月に初めて演奏します。

ブラジル音楽の素晴らしさをこのメンバー、お客さんたちとともに共感できたらどんなに楽しいだろう。。

メンバーはキャリアも経験もとても豊富で私には不釣り合いなほどの凄腕揃いです。;^_^A

しかしながら、一筋縄ではいきません、音楽とは非常に多様でどれもそれぞれに奥が深い。

”知識はあまりに重く、人生はあまりに短い” ペソア

たったひとつのことに一生掘り下げ続けたとしても足りない。かく言う中で無尽蔵に多彩で奥行きのある、ブラジル音楽。。しかしなんとか今まで通りではない、ブラジル音楽の姿をより深く、でもそれでいて楽しく写しとりたい。

※ ※ ※ ※ ※ ※

演奏者の立場から、ピアソラでもジョビンでも、第三者には容易には手を加えられないという事態と難しさにこれまでも何度となく直面してまいりました。

オリジナルの作曲者や演奏者に依る演奏や録音物のなかのフレーズ、ハーモニー、音色、そして’’間”を含むタイムetc..。どれをとってもそのままの姿で演奏されることが最も美しいと感じられ、作品がそれを要求します。演奏者(作品実効者)によってその姿を越えた美しさが創造されることが到底考えにくいのです。

引き換え、一部のジャズなどや即興音楽での場合。そこにいる聴衆を含む全員がその会場での創造物に対して、固唾を飲んで見守る。そして誕生の瞬間に立ち会うために皆が集うのです。演奏する側も聴く側も各々の知識や経験技術の蓄積を切り崩しながら、思考の積極性を最大限に働かせた上で成立します。


※ ※ ※ ※ ※ ※

出版物の場合などに置き換えてみると前者の状況は有る意味当然なことでしょう。小説家や詩人などに依って創造されたテクストが、読者の手に取られる時にべつの内容や文体に変貌して仕舞っていたら大変なことです。捉えられ方や見え方が再精製されるのは、あくまで読者の心の中に届けられる時まで大切に保管されているわけですから。。この場合でも、読者の思考の積極性が問われているという事もいわずもがな重要でしょうが。。

ピアソラやジョビンなどの作品の場合でも、作曲や出版・録音に至るまでの ”創造のプロセスに於ける楽しさ(や時に大変さも)” が、作品の中にエキスとして含まれているということでしょう。演奏者の自由度が制限され、作品の形状が保存されるのも冷静に考えたら当然のことなのです。

ただこれも過ぎると、演奏者・聴衆は作家の創造物の形状のみに身を委ねることになり、思考は停止しその積極性が削がれてしまいます。娯楽若くは再現音楽と割り切れば、これで十分なのでしょうが。。本来創造者が意図するところとかけ離れた姿がそこには在るかもしれません。

※ ※ ※ ※ ※ ※

ブラジルの音楽には、ショーロの様なものもあります。作品(楽曲)自体がコミュニケーションの媒体となって働き、演奏の現場で皆がそれを通じて会話を楽しむのです。聴く人も演奏する人もです。作品(楽曲)のクオリティは極めて高いのですが、語る内容はあらかた決まっていてその場で誕生する創造物に対しての期待と緊張感はあまり働きません。

おのがじしの語り口を駆使して自由に、その共通の言語(ショーロ)を通じて、自身とそのコミュニティの存在を確かめ合い享受する音楽。言語的な音楽なのです。


『”表現” だなんて考えたらダメだよ、オオタマル! 楽しんで会話して遊ぶんだ。』なんて、長年サンバなどを演奏し続けているブラジル人のミュージッシャン仲間にからかいも込めて言われたことを思い出します。


ジョビン、ヴィニシウス、シコ・ブアルキ、ピシンギーニャなどなど優れたな作曲家たちの数々の作品。それらの中にもその様な音楽自体の言語性が備わっていることは間違いありません。

その言語を理解する者と理解しない者。即興と普遍。詩人と哲学者。安息と緊張。ことばと舞踊。伝統と現代性。一見相容れない地平を二分するのではなく、呑み込み、包み込んでしまう、ブラジル音楽の大きさを感じながら。音楽のテーブル(mesaメーザ)に着きたい。




****

7/13(日)
開場16:30 開演17:00
【Mesa〜メーザ】
〜私たちの音楽の食卓へようこそ〜

メンバー: オオタマル(7g,vo,ほか) 齋藤徹(cb) さとうじゅんこ(vo)喜多直毅(vl)

※新ユニット 『Mesa〜メーザ』の初ライブ。MPB、ボサなどに新たな地平を開拓します。ご期待ください。

築地 マデイラ にて →[HP]

チャージ\3,500-(1ドリンクつき)
※店内は禁煙です。
※ご予約承り中、こちらまで↓
MADEIRA
〒104-0043 東京都中央区湊3-4-11
TEL: 03-3551-6587 / お電話の受付時間は、平日9:00-17:30
メールお問い合わせ: info@shiozawa.co.jp




[ 2014/05/31 17:59 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

 『セルゲイ・オレーコフ (ロシアの7弦ギター)』


久々に日記です。



ふと思い立って、ロシアのロマ(ジプシー)音楽についてインターネットで調べていたら、 7弦ギターの名手 S.オレーコフに辿り着きました。

sergei_orekhov_1.jpg


ロシア語では、Сергей Дмитриевич Орехов (セルゲイ・ドミートリヴィッチ・オリェーコフ)こんな発音かな?英語表記は、Sergei Orekhov もしくは Sergey Orekhov 。

驚いたことに、昨日10/23 が彼の誕生日だったのだ!!! (魂が呼んでくれたのだろうか?)

sergei_orekhov.jpg


モスクワの労働者階級で生まれ、独学でギターの奏法を学んだ。ギターを始めたのは1950年代に入ってからというからスタートはあまり早くないようです。ロシアのトラディショナルな音楽、ポルカやロマ音楽などを独自のクラシカルギターのスタイルに編曲していき。後に6弦ギターとのDUO、バラライカとのDUOでも演奏していたようです。ドイツ、ポーランド、ユーゴスラビア、フランスなどでもソロコンサートを行い、ポーランドの音楽祭での演奏を期に、米国、ギリシャなどにも演奏旅行にいった。フランスでの録音作品も遺しています。楽器は薄胴でひょうたん型をしたシュタウファー・スタイル(18c後~19c後にウイーンなどで使われていたクラシカルギター)の7弦ギターを好んで使っていたようです。6弦ギター用への編曲も手がけ、流暢にも弾いたそうですが公式な使用楽器のクレッジットはあくまで7弦ギターと名乗っていた。"ロシア音楽のハートは7弦ギターに有る"とも語っていたそうです。

1998年に心臓発作で無くなっています。


*******

You Tube でテレビ局での演奏や晩年のコンサートの様子が見ることが出来ます。

http://www.youtube.com/watch?v=h04-K-7Z18U

http://www.youtube.com/watch?v=XSeYZO69-LE


何とも物悲しくせつない旋律(一部のショーロのValsaなどにも通じる?)で語られるポルカ、マズルカetc..ちから強いビートと的確な技術 変奏。。とても素晴らしい!


人類の宝物をまたひとつ見つけました。

世界はひろい。












[ 2013/10/24 12:46 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

『声とギター』

こんなタイトルのCDがありますが、残念ながらそれとはあまり関係がない記事。



このところ日記のような記事を書くのは、とても久しぶりのことのような気がします。ブログでは本来そうありたいのですが、ついつい宣伝ばかりになってしまって。。


* * * * * * * * * * * * * *


ソロの演奏に自分の声を使いはじめてから3月くらいが経ちました。

これは自分にとっては、大革命が起こったくらい大きな変化なのですが(笑)、以外に淡々と進んでいることに驚く。。

良きも悪きも流れに身をまかせ受け入れてしまうところが、私も残念ながら日本人的気質なのでしょうか。っといってもこの流れ自体、自らがつくり出していることなのですが。。(笑)




* * * * * * * * * * * * * *



ギターという楽器を選んで25年ほど。未だに思うように操れないことだらけですし、こころざし半ばで浮気心という後ろめたさはなくもない。なんとなく自分という人格を統合するためにこんな記事を書いているような気がします。

長い間ずーっとひとつの楽器に携わっていると、音楽自体すべてその楽器のフィルターを通して入ってくるようなことになります。そんな狭い窓からしか音楽を語れていないさびしさを感じることは時々あった。

実際、物理的にもギターと言う撥楽器の音は減衰してしまいますから、管楽器の演奏家と共演するたび、音を伸ばして表現できるということにある種羨ましさを感じることがよくありました。バイオリン、チェロなど擦弦楽器にしても然り。



そんなとき口ずさんで見たのが、事の発端。イイのか悪いのか(笑)。




操るのがとても大変なこの新しい楽器との付き合いも、照れくささがようやく薄れて来てくれたような気がします。



* * * * * * * * * * * * * *



ショーロなどの器楽曲を吸収するときも。幼少から体系的な音楽教育とトレーニングを受けてこなかった僕の場合、クラシックの人たちのような方法をとっていないような気がする。譜読みも時間がかかるし、いいとこ一日に2,3曲というゆっくりとしたペースでショーロを吸い込んできた。おそらく"うた脳"(そんなものが有るのか?笑)を駆使しているのだろう。


ブラジルでショーロを演奏したときは器楽にもかかわらず、ポルトガル語で奏でていたということは以前このブログでも書いたと思う。(あちらのショラゥンも、うた脳 派は多いのではないか。(^ー^)


つたないポルトガル語ではあるが、サンバを歌ったあとは自分のショーロもちょっとだけ里帰りするような気がする。






ということで今週末も、2つのステージで『声とギター』。



**********


2013_10_05_koiwaclub_solo.jpg
10/5(土)19:30-
【オオタマル(g,vo)のソロ】
小岩 小岩倶楽部
問>03-3673-3193

2013_10_06_espeto_solo_flyer.jpg
10/6(日)19:30-
【オオタマル(g,vo)のソロ】
大塚 エスペート・ブラジル →[HP]



ご来場おまちしています。
















[ 2013/09/30 22:25 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
YouTube
2010.8.1 BACK IN TIME
with 山内三咲(vo)
ライブスケジュール

<<2015年>>

4/4(土)15:00-
【Mesa~ブラジル音楽の食卓~】
新富町マデイラ
オオタマルg、齋藤徹cb、さとうじゅんこvo、喜多直毅vl

4/11(土)朝11:00-
【オオタマルのショーロ教室】
西巣鴨マルメラアダ

4/17(金)19:30-
【ホーダ・ヂ・ショーロ】
吉祥寺アウボラーダ

4/18(土)19:00-
【ブラジルナイト@小岩倶楽部】
小岩 カフェ小岩倶楽部
(東京都江戸川区南小岩5丁目21−15)
℡ 03-3673-3193
オオタマル7g,他 ※禁煙>

4/22(水)20:00-
【オオタマル(g,vo)のソロ】
平井タイム・アフター・タイム
※禁煙です。

4/25(土)19:30-
【オオタマルg,vo ライヴ】
吉祥寺アウボラーダ
オオタマル7g,vo 小森慶子cl 千田利貞perc

5/23(土)15:00-
【オオタマルg,vo ライヴ】
新富町マデイラ
オオタマル7g,vo 小森慶子cl ねこいちperc ※禁煙>

5/26(火)19:30-
【ねこに聞かせるサムバ+1】
西荻窪音や金時
オオタマルg、中川恭太cl、かみむら泰一sax

〈more info〉
アクセスカウンター