ホーム > ライブスケジュール > 続・『サンバの詩学』 ~ リオの詩人、ノエル・ホーザを語る ~ 

続・『サンバの詩学』 ~ リオの詩人、ノエル・ホーザを語る ~ 


オイ、ウエーター!

温めなおしじゃないミルクコーヒー、良く焼けたパンとバターはたっぷり、早くもってこい。

それにナプキンと良く冷えた水!

そこ日が差すから、戸は静かにしめろ!

あっちのお客さんにサッカーの結果を訊いてくれ...



~その後も~


掃除ばっかりしてるなよ。 蚊が来るから、タバコを一本呉れよ。 そこの売店で、雑誌を一冊借りて来てくれ。 灰皿とマッチ! 此処に電話して傘を借りてくれ...etc


と、散々我儘な注文をした挙句最後に、


ウェーター、ちょっと金をかしてくれ。

支配人に言って、今日の勘定だが入り口のハンガーのとこに掛けといて。




というオチ。



『居酒屋の会話 /Conversa de botequim』(1935年)。 本当にこんな客がいたのかどうかは知りませんが高慢ちきだが、どこか憎めないキャラクター。一つのマンウォッチングから、巧に韻を踏んで切り取ったリオの街角のスケッチです。 


Noel_rosa_1910_1937.gif


1910年生まれの ノエル・ホーザは、26年間の短い生涯のなかで実に200曲以上もの作品を遺したと伝えられます。夜の世界の女、ボヘミアン、酒と悪行から抜け出せぬダメ人間..etc、と。そこに描かれる人物たちに、無軌道な人生のなかでも友情・道徳に篤かったり、行き違いや別れ、ときには悟りのような崇高さも語らせてみたり。。とにかく人間臭さが魅力的です。



夜露が落ちてきて、帽子を濡らす

やがてそれも空の星へと姿を消す

ろくでもない事ばかりだった

おいらの寝床は一枚の新聞紙さ



カーテンは、藍色のだだっ広い夜空

目覚まし時計は、お巡りさん

(お金なんて見たこともありゃしないよ!)...



おいらの故郷(くに)では、バナナとキャッサバ芋が採れる

それを剥く奴を見つけるのがおいらの仕事さ

(悲しき人生とはまさにこれだよ!)...



おいらのスープには骨もなければ、塩も入っていない

一日は調子がいいとおもったら、2・3日は不調だよ

(そりゃ~当たり前だ!)



『夜露が落ちてきて /O orvalho vem caindo』(1933)





ブラジリダーヂ(ブラジルのブラジル性)を掲げる、バルガス大統領の不動の1930年代。そのような中で、ボヘミアン ノエル・ホーザの描く音楽と詩の世界のメッセージは、あくまで個々人の目を通した視点から社会(コミュニティ)へ向けられているようにうかがえます。ナショナリズムが高らかに翻っていた当時の世の中への一種のアイロニーなのかもしれません。そこが、また粋でカッコいいのでは。。



*************************************


先日久々に、連絡をいただいたショーロの仲間から、ご自身の結婚パーティーで演奏をして欲しいと有り難いご依頼をいただきました。

そこでご一緒させていただいたのが、今回の 石山 和男 (Vo)さんと稲葉 光 (カヴァキーニョ)さん。

そのおめでたいパーティーでは、ノエル・ホーザの音楽を演奏して欲しいと主催者からたってのご希望でした。

本当に久しぶりでヘジオナールの標準編成のなかで、7弦ギターを弾きました。

本番では、びのびと心地良く弾かせていただいたのはもちろんのこと、打ち合わせでいろいろと話し合っていてお二方のサンバに寄せる想いや知識などをもっともっと共有してみたくなり、この『サンバの詩学』にお誘いしました。




石山さんは長年に亘ってサンバを歌い続け、エスコーラ・ジ・サンバでは求心力となって心血注いでこられた重鎮(Velha Guarda)です。稲葉さんとは私がサンバと出会った頃からの僚友、ハーモニーや詩に関しても、サンバにとても造詣の深い演奏家のひとりです。


ノエル・ホーザ が取持ってくれた縁。三人でどんなトークと演奏が飛び出すかとても楽しみです、ご期待下さい。


ご予約はお早めに!




////////////////////////////////////////////////

 『サンバの詩学』
~ リオの詩人、ノエル・ホーザを語る ~ 


6/29[土] OPEN 14:00 START 14:30-16:10


《出演》

石山 和男 (Vo)

稲葉 光 (カヴァキーニョ)

オオタマル(7弦ギター)


《会場》

築地『マデイラ』
東京都中央区湊3-4-11

会場は禁煙です。


《チャージ》

\2,500ー(1ドリンク付)



《ご予約・お問い合わせ》

マデイラ
TEL 03-3551-6587
FAX 03-3553-7197
info@shiozawa.co.jp


まで



※トークと演奏で、サンバの語り部の見た《世界》をより深~くゆっくりと時間をかけて、たのしく共有する時間にしたいと思います、お楽しみに。




////////////////////////////////////////////////












[ 2013/05/23 15:14 ] ライブスケジュール | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
YouTube
2010.8.1 BACK IN TIME
with 山内三咲(vo)
ライブスケジュール

<<2015年>>

4/4(土)15:00-
【Mesa~ブラジル音楽の食卓~】
新富町マデイラ
オオタマルg、齋藤徹cb、さとうじゅんこvo、喜多直毅vl

4/11(土)朝11:00-
【オオタマルのショーロ教室】
西巣鴨マルメラアダ

4/17(金)19:30-
【ホーダ・ヂ・ショーロ】
吉祥寺アウボラーダ

4/18(土)19:00-
【ブラジルナイト@小岩倶楽部】
小岩 カフェ小岩倶楽部
(東京都江戸川区南小岩5丁目21−15)
℡ 03-3673-3193
オオタマル7g,他 ※禁煙>

4/22(水)20:00-
【オオタマル(g,vo)のソロ】
平井タイム・アフター・タイム
※禁煙です。

4/25(土)19:30-
【オオタマルg,vo ライヴ】
吉祥寺アウボラーダ
オオタマル7g,vo 小森慶子cl 千田利貞perc

5/23(土)15:00-
【オオタマルg,vo ライヴ】
新富町マデイラ
オオタマル7g,vo 小森慶子cl ねこいちperc ※禁煙>

5/26(火)19:30-
【ねこに聞かせるサムバ+1】
西荻窪音や金時
オオタマルg、中川恭太cl、かみむら泰一sax

〈more info〉
アクセスカウンター