ホーム > ショーロ教室 > [後記] 『ショーロ教室』 3/2(土)

[後記] 『ショーロ教室』 3/2(土)

三月、一回目の『ショーロ教室』でした。

前回から一週おいての会とあって、今回は少なめの編成でした。

少編成は少編成で、細やかなところにも気を使ってできますから利はありますね。




***************





前半はラメント(Lamento)

各パート一人ずつしかいませんから出す音、ひとつひとつが責任が重大です(笑)。

音量を稼ぐことにとらわれずに、音のニュアンスやテンポ感などに注意を最大限そそぐことができるのも、小編成の利点ですね。

主旋律はカヴァキーニョに執っていただきました。音域的にも無理がなく美しく響きますね。

BパートからAパートに戻った部分では、 ジャコー・ド・バンドリン(Jacob do Bandolim)エポカ・ヂ・オウロ (Época de Ouro)が演奏している様にルバートで演奏みました。

メロディーをカヴァキーニョとギターの二声のトレモロでハモって見ました。ルバートからインテンポに戻るところでは主旋律の奏者がイニシアチヴをとって、リズム側にまわる人たちはは即座にテンポを感じ取って判断しなければなりません、ちょっとした駆け引きが要求されますね。。楽譜にかじりついていると出来ませんから周りをよく見てまたやりましょう。



***************



後半、オデオン(Odeon)

曲の背景などにつきましては、前回の[後期]で書きましたのでご覧になっていない方はそちらを見てください。
[こちら]

この一週間の間にギターの伴奏パートを2パートに分けた楽譜を書いておきました。ダイヤグラムも参照して頂けるように、工夫してみましたので引き続き今後もこれを元に進めてゆきたいと思います。

もともと一台のピアノで演奏される曲ですから、ギターやフルート、バンドリンに転用するにはアレンジやキーの設定を工夫する必要があります。また、それが楽しいのです。

アレンジを考える上ではピアノの音を再現することに執着はせず、各楽器に無理がなく共存できるよう、音を抜いたり加えたり。。そこはイマジネーションの楽器、《ギター》の得意分野なのです(笑)。

今回ご参加にならなかった方も次回ご期待ください!

Cパートではパンデイロのブレイクする場所も明確になり、クレッシェンドをより自信を持った感じで出来ました。
今回はギターがソロを執りましたが、他の楽器の時もこの部分を試してみたいです。


******************


次回3月、2回目は、3/23(土) 午前11:00~ に行います。

[こちら]
























[ 2013/03/04 15:08 ] ショーロ教室 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
YouTube
2010.8.1 BACK IN TIME
with 山内三咲(vo)
ライブスケジュール

<<2015年>>

4/4(土)15:00-
【Mesa~ブラジル音楽の食卓~】
新富町マデイラ
オオタマルg、齋藤徹cb、さとうじゅんこvo、喜多直毅vl

4/11(土)朝11:00-
【オオタマルのショーロ教室】
西巣鴨マルメラアダ

4/17(金)19:30-
【ホーダ・ヂ・ショーロ】
吉祥寺アウボラーダ

4/18(土)19:00-
【ブラジルナイト@小岩倶楽部】
小岩 カフェ小岩倶楽部
(東京都江戸川区南小岩5丁目21−15)
℡ 03-3673-3193
オオタマル7g,他 ※禁煙>

4/22(水)20:00-
【オオタマル(g,vo)のソロ】
平井タイム・アフター・タイム
※禁煙です。

4/25(土)19:30-
【オオタマルg,vo ライヴ】
吉祥寺アウボラーダ
オオタマル7g,vo 小森慶子cl 千田利貞perc

5/23(土)15:00-
【オオタマルg,vo ライヴ】
新富町マデイラ
オオタマル7g,vo 小森慶子cl ねこいちperc ※禁煙>

5/26(火)19:30-
【ねこに聞かせるサムバ+1】
西荻窪音や金時
オオタマルg、中川恭太cl、かみむら泰一sax

〈more info〉
アクセスカウンター